中国でインターネット基礎情報


中国でインターネットができる場所

家を出てから中国旅行中にインターネットにアクセスできる所ですが次の場所が一例です。

TOP


現地で日本語環境を構築

一番簡単な日本語環境構築方法は、日本からノートパソコンを持って行くことですが、ノートパソコンがない方や重くて持って行けない場合、中国でもWindowsパソコンが大半を占めるインターネットカフェやホテルのビジネスセンターで日本語環境を構築する必要があります。
この場合は、現地のインターネットカフェのオーナー・店員が許可してくれれば、 日本語でメールを打つことが可能となります。現地での日本語環境ですが次のケースが考えられます。
アクセス場所 パソコンのOS インターネットへの
接続方法
日本語環境構築方法
(メールの送信方法)
難易度
ホテルの部屋 日本語Winsdows 日本から持ってきたノートパソコンのモデムと電話線を繋げる。 不要 2
インターネットカフェ ホテルのビジネスセンター 中国語Windows又は
英語Windows
備え付けのデスクトップパソコンを使用 日本語のGlobalIMEをインストール 2
日本から持参したノートパソコンで作成したメールデータをFDなどの記録媒体に記録し、それをインターネットネットカフェのパソコンで添付ファイルとして送信する。(本文は英語orローマ字) 1
日本語Winsdows 日本から持参したノートパソコンをLAN接続する 不要 3
電話線を借りて日本から持参したノートパソコンと接続する 不要 3
備え付けのデスクトップパソコンを使用 不要 1
自分のノートパソコンをインターネットカフェのLANに繋げて日本語環境を確保する。又は、電話回線だけを借りてインターネットに接続する。という手がありますが、ビジネスセンターの職員やインターネットカフェの店員の理解と許可がないとできません。
日本人留学生が多い大学内もしくはその周辺にあるインターネットカフェや日本人バックパッカーが集まるホテル内のインターネットカフェにあるパソコンでは既に日本語Windowsがインストールされていたり、中国語Windowsに日本語GlobalIMEがインストールされている場合があります。
そういった所は全体から見るとかなり少数です。

TOP