パスポート取得

パスポートの種類
パスポートの申請
パスポートの申請に必要なもの
デジカメで撮った写真はOKか?
パスポート取得必要日数
パスポートの受け取り
パスポートの更新について
海外での再発給手続について
査証欄の余白がなくなった場合について
記載事項の変更

パスポートの種類

5年間有効と10年間有効の2種類がありますが、20歳未満の方は10年間有効のパスポートは取得できません。
子供も年齢に関係なく(0歳の赤ん坊でも)、パスポートの取得が必要です。

[TOP]


パスポートの申請

申請者が住民票を登録している都道府県の旅券課(自治体によっては数カ所窓口がある場合は一番近い所に行けば良い)で行います。代理人による申請もできるが、受領は本人しかできません。
現在、住民票が登録さしていない都道府県に在住の方でも条件が整えば申請できますので、詳しくは在住地の旅券事務担当課へお問い合わせください。

[TOP]


パスポートの申請に必要なもの

・旅券発給申請書1通
・戸籍(謄本)抄本1通(過去6ヶ月以内に発行され、本籍の入ったもの)
・住民票1通(過去6ヶ月以内に発行され、本籍入りのもの)
・官製はがき1枚(表に自分の住所と氏名を記入する)
・身元確認書類
(運転免許証・健康保険証・会社の身分証明書等、1点で良い場合と2点必要な場合があります)

写真1枚(縦4.5cmX横3.5cm、過去6ヶ月以内に撮影したもので、無帽正面の上半身)
前回取得した旅券(更新する場合、身分確認の代わりとなる)
 *本人が署名する場合は印鑑(認印でもよい)は不要。但し、記入ミスガある場合は訂正印が必要となります。

[TOP]


デジカメで撮った写真はOKか?

通常は写真屋さんや街角にあるインスタントカメラスタンドで数百円〜千円程度で写真を撮ることになるが、最近はデジカメをお持ちの方も多く、実際、デジカメで撮った写真をパスポート申請用の写真として使えるか気になるところです。
メーリングリストでもその話題になった時がありましたが、デジカメで撮った写真でパスポートを作ったことがある方がいました。そこで、パスポート発行機関に対し尋ねたところ、次の回答がありました。
「国からの通達で、申請書に貼る写真の厚さがある程度あり、貼りつけた部分の下にある文字が透けて見えない程度で、粒子が粗くなければ、寸法が合っていることが条件でOK。」

[TOP]


パスポート取得必要日数

都道府県にもよるが約7〜10日必要。(休日は含めない)
申請数日後に提出した官製はがきが届き、そこに受領可能日が書いてありますので、その日以降に取りに行く。

[TOP]


パスポートの受け取り

受け取りは、本人でないとできない。0歳の赤ちゃんでも親同伴で連れてこなければなりません。
受領時に以下のものが必要です。

・申請時に渡される受領書
届いた官製はがき
・手数料
  (1)5年用は 収入印紙8,000円+都道府県証紙2,000円 計10,000円
  (2)10年用は 収入印紙13,000円+都道府県証紙2,000円 計15,000円
  (3)5年用で申請者が12歳未満の場合、収入印紙3,000円+都道府県証紙2,000円 計10,000円
*受領時に印鑑は原則不要だが、本人が署名できない場合は印鑑が必要となります。

[TOP]


パスポートの更新について

パスポートの残りの有効期間が1年未満の場合は新しい旅券の申請ができます。
手続きや申請に必要な書類、費用は新規に申請する時と同じ。

[TOP]


海外での再発給手続について

中国でパスポートをなくした場合や損傷した場合は、すぐに、なくした都市の公安局へ盗難(紛失)証明書を発行してもらい、北京・沈陽・大連・上海・広州・香港の大使(領事)館へ再発給の申請を行う。
〈必要書類〉
・一般旅券再発給申請書2通
・写真(4.5cm×3.5cm)2枚
・紛失届
・警察署発行の証明書等 1通
・その他参考となる書類(本人と確認できるようなもの)
*損傷の場合は紛失届・警察署発行の証明書等ではなく、損傷した旅券)警察署発行の証明書等
・(印鑑または拇印が必要な場合があります)
*盗難・紛失に備えて、顔写真掲載ページのコピーを持っておくと身分確認の手助けとなります。

[TOP]


査証欄の余白がなくなった場合について

査証欄は10年用は42ページ、5年用は26ページ設けられています。
日本(都道府県旅券窓口)でも中国(最寄の大使館・領事館)でも増補の申請が1回限りできる。
<必要書類>
・一般旅券査証欄増補申請書1通
・有効旅券
・他の都道府県でパスポートを受領した場合は住民票の写し 1通
 *印鑑または拇印が必要な場合があります
<手数料>
2,500円
ビザが有効なうちにパスポートの有効期間が満了となった場合は、新旧2冊のパスポートを同時に海外に携帯するか、新しいパスポートに旧パスポートの有効なビザを、そのビザを取得した国の在日大使館または総領事館で転記などをしてもらう。

[TOP]


記載事項の変更

発給後に変更が生じた場合は、基本的に現在持っているパスポートを返納して新規申請する形となる。
但し、氏名又は、本籍の都道府県であれば訂正可能です。署名は変更できない。
<訂正に必要なもの>
・一般旅券訂正申請書 1通
・戸籍抄本など記載事項に変更が生じたことを証明できる書類 1通
・訂正を受けるパスポート
・他の都道府県でパスポートを受領した場合は住民票の写し 1通
<手数料>
900円

[TOP]


最終更新日:2001.11.01
作成日:2001.06.09