中国でショッピング

買い物全般 買い物のコツ
ぼったくりについて
ブランド品について
クレジットカード
中国でクレジットカードが使える店の種類
支払について
手数料について
決済方法
キャッシュサービス
投稿情報
おみやげ 中国のみやげはどういった物があるか?
どこで買うことができるか?
現地でみやげ選びに時間をかけたくない人は?

買い物のコツ

デパートやスーパー、友誼商店、コンビニなどは、日本と同様、値札がついていますので、比較的安心して買い物することができます。
露店や観光地の小規模な商店では値札がついていない場合があります。そういった時は、店主との交渉になりますが、外国人がゆえに値定めが正確にできず、結果的に吹っかけられることになります。吹っかけられたのが分かればまだいいですが、吹っかけられたかすら分からない場合があります。

TOP


ぼったくりについて

外国人が多い観光地の露店などでは、本来の売価の何倍もの値段で吹っかけて売ってきます。
私達の感覚では、安いと思っても、実際には、吹っかけられたことはあると思います。
そうならないためには、予め現地の人に相場を聞いておく、現地の人やガイドを連れて行く(但し、店主と結託している場合はどうしようもない)、予め値札のついている商店の同様の物の値段を調べておく。などして、自己防衛しておいた方がよいでしょう。


中国旅遊ニュースレターVol.12 【1999.04.01】
99年3月13日(土)、上海の駐在も5年となり、帰国が近くなったので、妻と二人で、有名な観光地、豫園へお土産を買いに行ったのです。
小さなお店で、いつもの通り、でたらめに付けられた定価を無視して、店員のオバ サンと値切りに没頭していた時です。
横から、なかなか良い背広を着た男が、へたくそな日本語で、「このシルクは、杭州産です。店の責任者ですから、安くしますよ。日本円だったら、 もっと安くします」とペラペラ。「騙されんぞー。自分で値切るからほかっておいてくれ」と思いながら、88元を48元まで落とし、「まあ、これで納得」という満足感で満 ち足りていたのがダメだったのです。からかい半分で、その責任者に、「45元はどうだ」と持ちかけた途端、オバサンに向かって「13枚買うんだから、もう少し安くしてやれ」と説教をしだしたのです。
結局オバサンの勢いに店長も根負けし諦めてしまった。「情けない奴ちゃなー」と思いながら、妻に金の支払いを頼み、「やっと、家でのんびり出来る」とホッと一息。
オバサンは、伝票を書き、妻は金の準備をし、さてレジへと思いきや、ごく自然に、 店長が伝票とお金を取って行ったのです。もともと、その場でお金をオバサンに渡し、 帰るつもりだったので、「領収書なんか」と思いましたが、「折角、レジへ行ったのだ からまあ、イイワ」ということで、待つこと5分。「遅いな。あいつは、トイレでも行 ったのか」とオバサンにいやみを言っていると、オバサンも「あの男、どこへ行ったのか」とブツブツ。気付いた時は、既に遅かった。
あのヤローは、どこかに消えていた。オバサンに「あいつは、店長だろ」と言えば、「知るもんか。あなたの通訳と思った」と。このオバサン、「中国語で誰と話をしていたのか思い出してみろ」、「経理はどこだ」、「公安はどこにいる」と言ってみても言い訳ばかり。
結局、お金を手渡すときに、オバサンが、 全く手を触れていないので、勝ち目は無し。600元を損してしまったが、カラオケで 500元は、全く気にならないくせに、「よくも、騙してくれたな。このヤロー!」本当に腹が立つ。
みなさん、お金はやはり、自分でレジまで持って行きましょう。店員と思っても、本当の店員かどうかは、何の保証もありません。
<コメント>
日本語ができる中国人が、日本語で声をかけてきた時は、基本的に信用しない方がよ いでしょう。中国では、「日本人は大金持ち」という認識がありますので、服装は質素 をこころがけ、現金やクレジットカードなど、貴重品の管理は厳重にしてください。  

TOP


ブランド品について

中国本土にも北京・上海などの大都市にはブランド品が売っているブティックがありますが、割引がなかったりするなど、差ほど割安感を感じられないと思います。
では、香港はどうかといいますと、世界のメジャーブランドのショップも多数ありますし、ローカルブランドで日本で着ても問題ないような物が多数あり、選択肢は多いのが長所です。
値段については、現在、日本でもブランド品のディスカウントが活発に行われているため、まとめ買いする程メリットがあるかどうかは疑問ですが、思わぬ掘りだし物を見つけたり、バーゲン時期に行くと安い値段で購入できるなど、皆さんの腕次第です。

TOP


中国でクレジットカードが使える店の種類

基本的に、外国人が集まる所では使える所が多いようです。具体的に挙げると・・・
 ・ 3星以上のホテル
 ・ 高級レストラン
 ・ デパート、友誼商店、大型みやげ物店
 ・ 一部の旅行会社
 ・ 一部の航空会社支店、発券代理店
 ・ 空港の商店、免税店
投稿情報(99.08.10)中国旅遊情報庫管理者さん
上海でクレジットカードが使える所を見つけましたので紹介します。
1. 中国国際航空公司(華山路) VISA、MASTER 手数料なし|航空券
2. 中国東方航空公司(外灘) VISA、MASTER 手数料なし|航空券
3. 上海市中国旅行社(延安中路) カード可 手数料2%
4. 華亭海外旅遊公司(上海賓館隣) カード可 手数料4% |航空券
5. 上海中国国際旅行社(金陵東路) カード可 手数料必要 |鉄道・航空チケット
6. 上海国際空港売店 カード可 手数料なし
7. 上海書城(福州路) カード可 手数料なし

TOP


支払について

支払方法は日本と同様、カードを提示し、店員がオンラインでカードを切り、サインをして、控えをもらう。という手順です。
ただ、注意しなければならないのは、「カードの偽造」の恐れがあるということです。
「カードの決済する機械が別の部屋にある。」と言って、店員が別の部屋へ行った時など危ないです。全部が全部そうではありませんが、帰国後、覚えのない買い物がされていたり、キャッシングされていたりする可能性がない訳ではありません。ですので、必ず、客の見える場所で決済してもらうことが鉄則です。
中級レベル以下のホテルの中でカード払いできる所は、デポジットとして、チェックイン時に金額なしでカードを切らされることがあります。ホテルは逃げられませんので、ある意味では安心と考えがちですが、やはり注意は必要です。
対処として、チェックアウト時に、客の目の前で金額なしでサインしていないカードの紙をその場で破り捨てる(捨てさせる)、デポジットを現金で支払う。などがあります。


通常、カード決済機は客の目の届くところにあることがほとんどだと 思いますので、機械がない場合はそこでカードで買い物をしないほうが いいかもしれませんね。
[china-travelml:04080] Re: カードトラブル 【2000.04.29】

中国旅遊ニュースレターVol.12 【1999.04.01】
よく上海で、カードを店員に渡したまま レジへ行かない人を目にしますが、あれも危ない。一時たりともカードから目を離さないように注意して下さい。あなたも、やられますよ。複数で買い物をする時も、気が緩 みがちになるので、ご注意を。

TOP


クレジットカードの手数料について

手数料は、店側がクレジットカード会社払う性格なのだが、いつの間にか、利用者がその手数料を負担する仕組みになっている。これは、日本も中国も同じで、1〜5%の手数料が必要な店が多い。

TOP


クレジットカードの決済方法

カード会社によって、若干の違いはあるものの、基本的に、次のような感じになります。
VISAカードの場合、決済センターに到着した時点で、VISAインターナショナルの調達レートに1.63%を加算したレートを加算した額が利用金額となります。
注意)カードを利用した日のレートが適用されません。

TOP


クレジットカードのキャッシュサービス

現地のATM機で、カードと暗証番号で、元(香港ドル)で引き出すことができます。
詳しくは、カード会社にお尋ね下さい。
上海では、MASTERカードは市内にあるATMで人民元の引き出しが可能となっています。

TOP


中国のみやげはどういった物があるか?

代表的なものとして、次の物をあげられます。

TOP


どこで買うことができるか?

  1. 友誼商店・・・以前は、外国人のショッピングスポットとして不動の地位であったが、今は、デパート等に押され気味。大きな町には必ずある。中国みやげは大抵、ここで揃えることができる。
  2. デパート・・・中国の人が使っている物やおみやげになりそうな物がたくさん売っている。
  3. ホテルのショッピングアーケード(ショップ)・・・規模は小さいながらも、その土地の特産品が置かれている。
  4. 空港の売店・免税店・・・品数は少ないかもしれないが、主だったおみやげは揃っている。市中価格より高め。香港や北京では市内にも免税店がある。
  5. 専門店・・・種類が豊富で、予算に応じてチョイスできる。
  6. 観光地のみやげや・・・外国人(特に日本人)に対しては値段を吹っかけてくるので注意すること。品質も不安。

TOP


現地でみやげ選びに時間を取りたくない人は・・・

最近は、日本でも中国みやげを買うことができます。旅行会社へ行けば、どこかしらのみやげ宅配業者のパンフレットがありますので詳しくはそれを参考にしてください。
日旅産業 TEL:0120-553823(東京23区内のみ)、0088-22-5538(東京23区以外) JAF会員は5%引き
ツーリストサービス TEL:03-3661-3235/011-241-8885/052-561-8743/06-6443-2701/082-211-3530/092-781-8558 他
Traveler TEL:0077-2311-9210
ティーエルトレーディングおみやげおまかせ予約センター TEL:0120-354-374
ワールドショッピングプラザ TEL:0120-47-4100
ツーリスト商事 TEL:0120-094-703(東京)/0120-094-706(大阪)/0120-094-709(福岡)
[支払] 郵便振替、銀行振込、クレジットカード払、コンビニエンスストアでの支払いができます。
こういう業者を通じて購入することのメリットとして、
・お酒等免税枠を気にせず購入できる。
・現地でおみやげを購入する時間が不要となり、時間を有効に使うことができる。
・指定日に宅配してもらえる。
・荷物が減る。
・通関の手間が省ける。
・配送中の破損した物は返品に応じてくれる。
がある一方、
・現地で買うほうが安い。
・品目が限定される。
などのデメリットがある。うまく使い分けると良いかもしれません。

TOP


最終更新日:2001.11.01
作成日:2001.01.31