韓国を経由して中国へ

●韓国を経由して中国へ
 1.韓国経由は本当にメリットがあるのか
 2.飛行機によるアクセス
 3.船によるアクセス
情報入手先
投稿フォーム

韓国経由で中国へ

1. 韓国経由は本当にメリットがあるか?
日中直行便が就航している都市とその周辺にお住まいの方
乗継時間が必要なことを考えると、韓国によりたい方以外はメリットが少ない。
ただ、ルートによっては、当日乗り継ぎも可能なルートがあり、大韓航空やアシアナ航空の「日本→ソウル→中国」の格安航空券が出まわっているのでそれを利用すれば、そこそこの値段で行くことができる。
ちなみに、日本発中国直行便の正規運賃は韓国経由の正規運賃と同額である。
最寄りの空港にソウル・釜山便がある地域にお住まいの方
直行便が出ている都市に出るまでの交通費が結構かかるので、ソウル・釜山まで出て、中国へ飛んだ方が安くて早い場合がある。
当日に中国へ行くには午前便に乗って、ソウル発午後便へ向かう以外は当日乗継ぎができなので、急ぎの場合は、高くつくかもしれないが、直行便のある都市まで鉄道又は飛行機で出ることになる。
九州・中国・四国地方にお住まいの方
下関港や博多港から就航しているフェリーを使うと時間がかかるが、安く中国へ行ける。プサンからはソウルへ行き空路、又は仁川から船で中国へ行くことになる。時間が惜しい方は、列車や高速バスで福岡まで出て、飛行機でソウル経由で中国へ行くとよい。
上記以外の地域にお住まいの方
地域にもよるが、国内線は正規割引航空券を使い、直行便の就航している空港へ行き、中国へ行った方が安い傾向にある。ソウル経由であれば、日本発午前便に乗れば、その日のうちに中国へ着くことができる。ただ、その場合は、ソウル行きが運行している都市までは、夜行バスなどで行かなければ時間的に間に合わない。
価格差を考えると、時間に余裕のない人や多少高くついてもいい人は、日中直行便が就航している都市へ行って、中国へ行った方がベター。

TOP

2. 飛行機によるアクセス
ソウルまたはプサン接続で、中国の各都市へ就航アクセス可能。
プサン−中国は便数が少ないので、実際のアクセス手段と使うことは難しい。
ソウル−中国は、中国系航空会社(中国国際航空・中国東方航空・中国北方航空便)と韓国系航空会社(大韓航空・アシアナ航空)が、週数便〜1日2便運行している。便によっては、ソウルで一泊しなければならない。
<運行路線>
ソウル発 北京、天津、沈陽、長春、哈爾濱、大連、青島、煙台、上海、広州、香港、三亜(季節運行)
プサン発 北京
<モデルルート>
ルート1(1泊2日
 日本各地 −(飛行機)→ ソウル −(飛行機)→ 北京・天津・大連・沈陽・長春・哈爾濱・青島・煙台・上海・広州・香港
ルート2(1泊2日
 
日本各地−(飛行機)→釜山−(飛行機)→北京
ルート3(1泊2日or2泊3日
 日本各地 → 下関・福岡 −(船)→ 釜山 −(飛行機・鉄道・高速バス)→ ソウル−(飛行機)→北京・天津・大連・沈陽・長春・哈爾濱・青島・煙台・上海・広州・香港
午前便でソウルに到着したら、午後発の中国系航空会社の便で北京、哈爾濱、 沈陽、青島、煙台、上海へ乗り継ぎできます。沈陽、長春、哈爾濱、煙台、北京、大連へは、翌日乗り継ぎになります。  
また、大韓航空がソウル−三亜線を季節便として運行している。ソウル発が23時台で当日午後に出て翌早朝三亜着というスケジュールで、ソウル線が就航している都市であれば、午後便に乗れば、三亜線に乗ることができ、接続が良いため、利用価値は高い。運行スケジュールや値段についての詳細は大韓航空へお問い合わせください。
日本の地方都市発ソウル経由中国行きの格安航空券(大韓航空・アシアナ航空)が市場に出まわってが、値段や所要時間を考慮すると、直行便を利用したほうがベター。ルートによっては、1日で現地へ着くことができるのでそういった路線は利用価値がある。途中、「韓国に寄りたい。」と考えている方にとっては、利用価値大。
MLからの抜粋情報(99.03.23)
ソウル経由で長春へ行く方法ですが
現在、アシアナ航空がソウル−長春便を週3往復運行しています。
月・水・金 運行
OZ337 ソウル 09:25発 → 長春 10:50着
OZ338 長春  12:00発 → ソウル 15:05着
なお、名古屋からソウルまで毎日出ていますが、午後便ですので、 ソウルに一泊しなければなりません。帰りも同様にソウルで一泊しなければ なりません。
都市別韓国線運行便数一覧
From To 便/週 内午前便 内午後便 内夜便
17:00以降
就航
航空会社
札幌 ソウル 7 7 0 0 KE
青森 ソウル 3 0 3 0 KE
仙台 ソウル 7 0 7 0 OZ
成田 ソウル 61 21 33 7 KE,JL,JD,OZ,UA,NW
釜山 11 5 6 0 JL,KE
新潟 ソウル 4 4 0 0 KE
富山 ソウル 4 0 4 0 OZ
名古屋 ソウル 21 14 7 0 JL,KE,OZ
釜山 7 0 70 0 JL,KE
関西 ソウル 49 21 21 7 NH,KE,JL,OZ,UA
釜山 18 7 11 0 JL,KE,OZ
岡山 ソウル 4 4 0 0 LE
広島 ソウル 7 0 7 0 JL,OZ
高松 ソウル 3 0 3 0 OZ
松山 ソウル 3 0 3 0 OZ
福岡 ソウル 28 14 14 0 JL,KE,OZ
釜山 11 0 11 0 JL,KE,OZ
大分 ソウル 2 0 2 0 KE
鹿児島 ソウル 3 1 2 0 KE
沖縄 ソウル 3 0 3 0 OZ
韓国発中国行き航空運賃(ウォン建価格)
注)最新価格は、各航空会社にお尋ね下さい。
ソウル発
98.08.21調査 100W=11.18円
  往復
ウォン建 円建
北京 521,600 58,315
天津 475,800 53,194
沈陽 414,400 46,330
長春 - -
大連 - -
哈爾濱 Y 515,000 57,577
青島 Y 374,200 41,836
煙台 Y 361,200 40,382
上海 Y 486,400 54,380
広州 Y 810,400 90,603
香港 Y 837,200 93,599
プサン発
98.08.21現在 100W=11.18円
往復
ウォン建 円建
北京 Y 572,400 63,994
上海 Y - -

TOP

3. 船によるアクセス
毎日夕方に出発する下関・博多発のフェリー又は、博多発の高速船に乗ってプサンまで行き、仁川から船に乗れば3日〜4日で中国の沿岸都市へ行くことができます。
<モデルルート>
ルート1(2泊3日or3泊4日)
日本各地 → 下関・福岡 −(船)→ 釜山 −(飛行機・鉄道・高速バス)→ ソウル -(地下鉄) → 仁川 −(船)→ 大連・天津・青島・威海
時間が多少かかっても、少しでも韓国経由で安く中国へ行きたい方は、次のようにすると良いでしょう。
 日本各地→下関 ・・・ 青春18きっぷ(2,100円/日)
 下関 →プサン ・・・・・ 2等B運賃(8,500円)
 プサン→ソウル ・・・・ トンイル号(約1,000円)
 ソウル→仁川  ・・・・ 地下鉄(約800円)
 仁川→威海・青島 ・・ 2等室(約8,500円)
----------------------------------------------
  合計 約21,000円 + ソウルで1泊宿泊代 + 食事代 
また、JRが出している「日韓共同きっぷ」が安くて便利ですので、詳しくはJR時刻表を参考にしてください。札幌発は正規運賃(早割航空券)で札幌→福岡→ソウルだと、日韓共同切符より1万円高いだけですので、急ぎの方はこちらを利用したほうがよいかもしれません。
関釜フェリー(下関→釜山
往路 復路
18:00 1日目 下関港 2日目 8:00
8:30 2日目 釜山港 1日目 18:00
注2)韓国出国時に1100W必要  
注3)乗船手続きは出航1:30前まで
運賃(上段:片道・下段:往復)
1等A 1等B 2等A 2等B 学割
14,000 12,000 10,500 8,500 6,800
26,600 22,800 19,950 16,150 12,920
カメリアライン(博多〜釜山)
98.8現在 <問合せ:旅客営業部 電話:092-262-2323>
左側:博多港→釜山港(左:A|右:B)/右側釜山港→博多港(左:C|右:D)
17:00 19:00 1日目 博多港 2日目 8:40 8:40
8:40 8:40 2日目 釜山港 1日目 17:40 19:00
A:月・水(9/1‐3/31) B:金(9/1-3/31) 月・水・金(4/1-8/31)
C:火・木・日(11/1-2/28) D:火・木・日(3/1-10/30)
注1)韓国出国時に1100W必要 注2)乗船手続きは出航1:30前まで
運賃(上段:片道・下段:往復) 98.8現在 
運賃(上段:片道・下段:往復) 98.8現在 最新情報はホームページを見てください。
特別室 特等シングル 特等ツイン 1等洋室 1等和室 2等
18,000 16,000 14,000 12,000 10,500 9,000
34,200 30,400 26,600 22,800 19,950 17,100
ジェットフォイル(博多〜釜山)
往路   復路
10:00 博多港 16:55
12:55 釜山港 14:00
(平日割引運賃)
注1)毎日運行(2/13〜3/4休航)
注2)韓国出国時に1100W必要
運賃
片道 往復
12,400 22,500
- 18,000
新金橋号(仁川−威海)、香雪蘭号(仁川−青島)
威海港 1日目 17:00 17:00 11:00 11:00
青島港 2日目 9:00 13:00
仁川港 9:00 13:00
    水・金
威海港 1日目 17:00 17:00 11:00 11:00
青島港 2日目 9:00 13:00
仁川港 9:00 13:00
    水・金
運賃表
中国行 韓国行
貴賓スイート US$200 1680元
貴賓室 US$150 1260元
1等室 US$110 930元
2等室 US$80 680元
天仁号(仁川〜天津)
往路       復路
14:00 1日目 仁川港 3日目 9:00
19:00 2日目 天津港 1日目 18:00
運賃表 (天津→仁川 単位:元)
VIPルーム 1等 2等A 2等B 3等A 3等B
1,955 1,530 1,360 1,275 1,190 1,020
東方明珠号(仁川−丹東)
投稿情報(99.05.13)十河さん sogoo@pop01.odn.ne.jp [99.03]
「丹東−韓国のフェリー」
昨年の10月以来、韓国の仁川と丹東を結ぶ航路が開設されましたが、その利用方法について。
HP「中国旅遊情報庫」の「中国旅遊ニュース」にも若干の情報はありますが、韓国側から利用する際の注意点と、丹東港の位置についてお知らせします。
丹東国際フェリーのソウル支社は、電話 +82-2-713-5522、FAX +82-2-702-6757です。 わたしは電話およびファックスで予約しましたが、朝鮮語/英語ができれば問題ないでしょう。ちなみに両方中途半端だったわたしの場合、日本語のできるマネージャーがいたせいで助かりましたけど。予約時にはローマ字での姓名・日本の連絡先(電話番号)・旅券番号の3つをファックスで送っただけです。仁川国際フェリーターミナルの窓口で名前を伝えると、ちゃんと発券してくれました。出港の1時間前までにはターミナルについているようにしてください。
それと、これは本当に注意しなければならないのですが、中国側の港である丹東港は、丹東市にはありません。その南西38キロ離れた東港市にあります。一応バスもあるようですが、面倒なのでタクシーで行くのがいいと思います。おおよそ60〜70元程度で行ってくれますから。わたしはそのことを知らずに到着してしまい、タクシーの運チャンともめかけてしまったので。
丹東-仁川 カーフェリー "東方明珠"号
運航:丹東国際航運有限公司 
TEL:0415-315-2666|FAX:0415-315-6131
98年7月24日就航 定員405名
丹東 日・木 15:00発 → 仁川 水・土 9:00着
仁川 火・金 15:00発 → 丹東 月・金 8:00着 
運賃 
ロイヤル 230US$ / スイート 210US$ / デラックス・スペシャル 190US$ / デラックスA 160US$ / デラックスB 150US$ / デラックスC 130US$ / エコノミー 120US$
春玉蘭号(プサン−煙台)
投稿情報(99.12.04)廣光さん hrmt301030@msn.com
「烟台国際港の海港旅館で」

99.11.20 釜山発烟台行きの春玉蘭号に乗船、この船には大部屋2等席はないので1等室 に入る。同室の青年は眉目秀麗のモロッコ人(フランス系か?) すぐ友達になるのは私の特技、 話し掛ける。彼は現在釜山の大学 で勉学中だが長期ビザがないので一度韓国から出て再入国する予定 、日本にはお金が無くて行けない。中国は安いと聞くが初めてなので 不安だと言う。漢字は読めない。 自国語以外で仏西英語が話せると言う。私は伊英西漢語が話せる。 以後主として西語での会話となる 。烟台に到着するや彼はすべてを私に任せてついてくる。
手始めに新しい国際港建物の一部 にくっついている「海港旅館」に声をかける。一泊40元/1床で 話がまとまる。2床の部屋を見た 彼は気に入って、ここに4泊して韓国に帰ると言う。1日10ドルの予算の彼の為に近くにある30元の安宿(外国人OKと宿主は言う)を紹介したが汚い所は嫌だと断られた。中国が初めての彼は、聞きしにまさるカオスに驚いて、 いちいち私に報告する。戸を開いたまま大便をする、たれっぱなしで水で流さない中国人の便所のマナー、ごみごみした裏町の通り 、食堂、あんな所で食事するなら パンと缶詰めで、テレビを見て過 ごすと言う。ところが彼も大失敗、漢字が読めない彼が女性用の浴室入っていき、宿の主人が私の所 に「あんたの朋友はとんでもない奴だ」文句を言いにくる。 「折角中国に来たなら私についておいで」と、ちょっと奇麗な餐店 に行き、晩飯を奢った。明くる日 は街の名所や博物館を案内して同室に2泊の後、彼と分かれた。
投稿情報(99.12.04)廣光さん hrmt301030@msn.com
11月20日から12月5日まで 福岡(船)〜釜山(船)〜烟台(バス)〜青島 青島(船)〜下関と回ってきました。ついでに他の船便についても情報を得ましたので報告します。
<釜山〜烟台>
武星海運株式会社 /釜山国際埠頭に事務所がある。
船名:紫玉蘭号
片道一等席:120米ドル / 往復一等席:180米ドル
二等席(大部屋)はない。なかなか立派な船です。船上ビザ取得OK。
金曜日まで(即ち出航前日)までに予約をすれば手数料20米ドル、当日申し込みでは更に20米ドル追加料金がいる。
週1便
(土)釜山発12:00 (日)煙台着14:00
(木)烟台発15:00 (金)釜山着15:00

<仁川〜威海>
威東航運有限公司。ソウル、仁川、青島、威海に事務所がある。
二等席:110.000ウオン。週3便

<仁川〜青島>
会社は上に同じ
二等席:110..000ウオン。週2便。

いずれも夕方出発して朝到着   
MLからの抜粋情報(99.09.08)
煙台から釜山までのフェリーなら知っています。
「武星海運株式会社」 「MUSUNG SHIPPING CORPORATION」
煙台発 (木)11:00  釜山着 (金)15:00
煙台事務所 煙台金融大夏(ビル)21F 2110室
TEL 0535-623-8888(内線2110) FAX 0535-661-2364

TOP


情報入手先

投稿情報
City Guide in China の 「中国への渡航」の中に、皆さんからいただいた投稿情報を掲載していますので、詳細は、そちらを参考にしてください。
各航空会社・船会社の情報
A China Travel Link Page の「航空会社」、「交通」の「船」をご覧下さい。

TOP



最終更新日:2001.11.01
作成日:2001.01.31