その他交通手段について

市内バス
ミニバス
地下鉄
タクシー
長距離バス
船旅
レンタサイクル
自転車旅行
自動車
徒歩

投稿フォーム
 

[市内バス]

気軽に利用できる交通手段の一つです。中国の人が日常利用しているため、値段も安い。
値段は各都市の市バスを運営している会社が決めており、0.2元(約2.6円)〜1元(約13円)程度となっている。郊外へ向かうバスはもう少し高い。
料金の支払は、入口付近にいる車掌に行き先を告げてお金を渡します。薄い紙の切符がもらえるので、下車するまでは捨てずにとっておくこと。車内検札は差ほど多くありませんが、終点間際など、突如検札する場合があり、車掌が顔を覚えていればよいが、乗客が多く覚えていない場合は、問い詰められる場合があるので注意してください。
大抵の町では、観光客のために、市内交通地図が売られていますので、それを見れば、その町のバス路線・バス停などが記載されており便利です。
最近、上海・広州などで、車掌がいない「ワンマンバス」が登場している。値段はどこまで乗っても同じねだんで、前から乗車し、料金箱にお金を入れる。日本と違い、両替ができない「ただの箱」なので、乗車前に細かいお金を持っていったほうが良いでしょう。

TOP


[ミニバス]

タクシーよりも安い値段で、かつ、市バスよりもスピードが速い交通手段。これも現地の人がよく使う交通手段である。
値段は、0.5元(約6.5円)〜1元(約13円)からとなっており、市内バスより高いがタクシーより安い。
路線が決まっているが、バス停があるミニバスと、路線は決まっているが、路線沿線であれば、手を上げれば停まってくれるミニバスがあるが、後者が多く、前者は市内バスの小型版で、需要が少ない路線にミニバスを投入している。
料金は車掌に支払います。市バス同様切符を渡される場合がありますが、渡されない場合があります。大抵は、車掌が乗車直後に料金を払うよう求めてくるので、なくてもほぼ問題ないと思います。

運行時間は市バスより短く、19:00、20:00くらいで終わりになることが多いようです。

TOP


[地下鉄]

現在、北京・天津・上海・広州・香港に地下鉄の路線があります。
料金は香港は日本と同じ従量制ですが、他の都市は定額制又は従量制で、3元(約39円)程度が標準価格です。
他の交通機関と異なり、時間が確実に計算できるのがメリットです。
但し、運行路線が限られておるのが難点ですが、利用価値の高い交通機関です。

TOP


[レンタサイクル]

中規模の町又は観光地化している町では、ホテルや駅前などで、レンタサイクルを経営している所があります。
値段は10元(約130円)とか20元(約260円)位の値段ですが、デポジットを200元(約2600円)位、又はパスポートを預けなければなりません。
中国では自転車が多く、盗難もあるため、鍵をかけたり、有人駐輪場に自転車を預けるなどして、注意してください。
町の大きさもそこそこで、自転車で回るのも丁度よいので、バスを利用するよりも機動的に市内を巡ることができます。

TOP


[自転車旅行]

自転車を乗ってツーリングすることは、実際にやったことがある方がいらっしゃるようです。
詳細情報が少ないため、できるかどうかは流動的ですが、現地の公安部門や旅行会社などに最新状況を問い合わせてみることをお勧めします。

TOP


[自動車]

中国で自動車を運転することは、長期滞在者以外は実質的に難しいようです。
一部旅行会社で、ジープを使ったドライブツアーを実施している所がありますが、1台だけで動くことは難しいため、かなりの値段がかかります。

TOP


[徒歩]

小さな町でしたら、歩いて回ることが可能です。地図を片手に町を歩いてみてはいかがでしょうか。

TOP


最終更新日:2001.11.01
作成日:2001.02.11