このページでは、皆さんから寄せられた質問の回答について掲載しています。質問フォームから寄せられた質問の回答や受付状況についてはこちらをご覧いただきますようお願いします。 また、質問者の方が実際にこの質問の結果を踏まえて行動した結果どうだったかについてフィードバックフォームからフィードバックしていただければ幸いです。

No. 00101 質問日】2001/10/10 回答日】2001/10/20 【回答期限】
記載なし
【旅行日】
2002/01か02
【質問者】 北外さん
【タイトル】 FIXの意味と査証取得(観光ビザの延長)
【質問】
この間答えをいただいたんですが、分からない用語があったので教えて下さい。 FIXってなんですか?それからビザというものは、たとえば、1ヶ月と4日旅行に行きたい場合はどれくらいの長さのがとれるんでしょうか?やっぱり一定の単位がありますよね。1ヶ月のとか3ヶ月のとか・・。申請に必要な書類を教えて下さい。
【回答1】
FIXについてだけお答えします。航空券の話だと思いますが、格安航空券には色々 な制約があります。 その一つがFIXで帰る日までの日数が制限されるものです。
21日FIXだと出発 日から21日以内の日に帰りの便を決めなければなりません。それも購入時に決めて しまうからFIXです。しかし、FIXの場合でも手数料をいくらか払えば変更で きるばあいも有りますし、空席があれば変更してくれることもあります。 これに対してオープンは帰りの日を決めずに出発できます。80日オープンならば 行った国で予約を入れて、あるいはその場でもカウンターでOKを貰って80日以内 なら乗ることができます。 しかし、オープンの場合もFIXの場合も注意しなければならないのは、空港又は その町に予約を入れた航空会社のカウンターが無くほかの航空会社が代行している場 合です。その時は色々なトラブルが予想されます。私はマドリッドでアエロフロート のオープンチケットを変更こうしようとした時、イベリア航空から「このチケットは ローマ、モスクワ、東京となっているではないか。乗りたければローマへ行け」と言 われて乗れなかったことがあります。チケットについては予想される問題を購入した 店で十分確認する必要があり、出来ればメール等で答えを貰っておくのが良いと思い ます。そうすれば乗れなかった場合でも後で返金してもらえます。そして、帰りの飛 行機代については、ノーマルの金額かカードを持参するのがトラブル防衛法です。

【回答2】
ディスカウントのFIXチケットの制約は以下の通りです。
譲渡不可、払戻不可、記載ルートのみ搭乗可でルート変更不可。 様々な制約があるから安いのです。 ディスカウントチケットは、元もと団体チケット(安い)の足売り(飛行機部分だ け)から発生したものです。 団体は決められた日の決められた便に乗る → 航空会社対してはドタキャン無し  → けっして空席にはならない → 安い。 しかし、旅行会社が募集した団体旅行が必ずしも満員御礼とはならない → 空席が できる → 空席で飛ばすぐらいなら安くして乗ってもらおう → ディスカウン ト。 以上のように、元もと団体用のチケットだから様々な制約がくっついてくるのです。 ディスカウントチケットの券面には、NOT・・・・ NOT・・・・といろんな「ダメ」 が書き込まれていますから、よ〜く読んでみましょう。 以前、同行の人が航空券(ディスカウント)を紛失したのですが、再発行もしてもら えませんでした。

【回答3】
ビザについてですが、観光ビザは30日だけだったかと思います。 それ以上の期限のビザはあるのかどうかは私はわかりません。 その当りは皆さんからのアドバイスをお待ちしています。 ですので、延長することになるかと思いますが、思うとおり延長で きるかどうかの保証はありません。 香港へ1度出て、香港で再取得する。という手もあります。

【回答4】
私が頼んでいるところは60日、90日など大丈夫です。 今回も60日のLビザを取ってもらいました
蘇州の公安では以前のことですが、3星以上のホテルに泊まっていて まあまあ納得できる理由があれば大丈夫のようでしたよ。 でも1ヶ月と4日なら60日ビザを最初から取って行かれる事を お勧めします。

【回答5】
かなり遅い回答になりますが、今年の7月5日にコルラ(庫尓勒)で観光ビザ(1次)延長をしました。  手数料は100元です。30日延長。
続き自体は1時間ほどで終わったのですが、  「100米ドル」以上の現金を持っているかと聞かれ、  財布の中を確認したら残金が400元をきっていました。  (相当:約830元)
日本円も持参しなかったためCITIBANKの  国際キャッシュカードを見せて預金から引き落とせる  事を説明したのですが、条文をみせたうえですぐには  手続きしてくれず、他の職員が間に入ってくれたおかげで  納得してもらえた記憶がありました。
やはり長期の旅行の場合はそれに見合った  ビザを取得したほうが手間がかからずにいいと  今ごろになって思い出します。(あほ)

このページでは、皆さんから寄せられた質問の回答について掲載しています。質問フォームから寄せられた質問の回答や受付状況についてはこちらをご覧いただきますようお願いします。 また、質問者の方が実際にこの質問の結果を踏まえて行動した結果どうだったかについてフィードバックフォームからフィードバックしていただければ幸いです。

TOP