このページでは、皆さんから寄せられた質問の回答について掲載しています。質問フォームから寄せられた質問の回答や受付状況についてはこちらをご覧いただきますようお願いします。 また、質問者の方が実際にこの質問の結果を踏まえて行動した結果どうだったかについてフィードバックフォームからフィードバックしていただければ幸いです。

No. 00061 質問日】2001/08/18 回答日】2001/09/25 【回答期限】
2001/09/中
【旅行日】2001/10/10 【質問者】 たねやんさん
【タイトル】 黄山の天候、服装など
【質問】
10月10日から南京、黄山のツアーに参加します。 黄山山頂のホテルで一泊の予定です。 この時期の用意した方がよい服装、天候の状況など旅行情報をお願いします。 また、ホテルでは英語は通じますでしょうか。
【回答1】
この時期の黄山に登ったことがあります。 登ると行っても、ロープウェーを使ったのですが。 この時期、快晴の日が多く、黄山観光には絶好の日和になると思います。 ただ、この時期は天気が良すぎて、黄山四絶の一つ、雲海は見られないかもしれませ ん。 私が行ったときは、はるか眼下に渡り鳥の群れ飛ぶ姿を見ることが出来ました。 (黄山光明頂の標高は1,840m) 天気が悪い日の黄山は最悪です。 ガスって何も見えません。
黄山頂上付近は地上より10度以上気温が低いので、昼間でも薄手の上着は必要で しょう。 最高気温は12度程度、明け方は5度以下まで冷え込むかもしれません。 黄山観光のハイライト、「ご来光」を拝むころは底冷えします。 日本からのツアーなら、北海賓館か西海飯店に泊まると思いますが、どちらも部屋に 無料の防寒服が置いてありました。 念のため、ツアー催行会社に確認されればよいと思います。
ご来光を拝むビューポイントは限られています。 この時期の黄山の日出は6:10ごろ。 その1時間以上も前からビューポイントは人で溢れ返ります。 もちろんまだ真っ暗、足元注意です。 上記両ホテルの部屋には貸し出し用の懐中電灯がありましたが、やっぱり要確認で しょう。 人よりも前でご来光を拝もうと、ビューポイントの柵の向こう側にも人がたくさん出 ますが、決して真似しない方がいいでしょう。 転落すれば、待ち受けるのは千尋の谷、命はまずありません。 年間数人が滑落して天国行きだそうです。 簡単に乗り越えられる柵ですから、危ないですね。
あと双眼鏡は必携でしょうね。 風景区は階段坂道の連続です。 履き慣れた靴がいいでしょう。 女性の方は、短いスカートはちょっと厳しいかと思います。 歩き疲れてもホテルのマッサージは料金が高いだけで、上手ではありませんでした。 素人同然でした。 チップもせがまれるし。。。 確か、足だけマッサージで200元ぐらいでした。 物価が下界より相当高いです。 ホテルで英語は??? すみません、私英語はできないモノで・・・。

TOP