このページでは、皆さんから寄せられた質問の回答について掲載しています。質問フォームから寄せられた質問の回答や受付状況についてはこちらをご覧いただきますようお願いします。

No. 0008 質問日】 5/23 回答日】 6/4 【回答期限】 無し 【旅行日】 8月 【質問者】 鎌倉さん
【タイトル】 8月の電車のキップ
【質問】
8月にモスクワから北京に入ります。が、途中の大同で寄り道をしようかと考えています。 大同から北京に行く列車のキップは手に入れ難いと読みましたが、予約をして行った方がいいでしょうか? 予約が必要な場合、現地の旅行会社で予約をすることは可能ですか?
【回答】
フフホトの旅行会社の人に、大同から北京までの切符は手に入り辛いから、大同を旅行する時はフフホトも一緒にひっかけて、 北京→大同→フフホト→北京という順番で移動した方がいいと教えてもらったことがあります。
けれど実際大同へ行った人の話では、当日行っても窓口で直接買えたそうですが、軟臥ではなく硬臥ないし硬座だったので買えたのだと思います。
大同から北京までは13時間くらいだったと思いましたが、 これくらいの距離だと硬座でだいじょうぶでしたので(留学生は15時間くらいまでは硬座に乗っています。旅慣れしてるので)この方法も取れたのだと思っています。
もし不安なようでしたら、大同の駅前にCITSがありましたので、 そちらで汽車の手配もしてくれると思いますが……。

【回答2】
大同から北京の列車の件ですが、参考までに!
昨年11月に、日本の旅行者を通してCITSに切符を取ってもらいました。 駅前と、雲崗寶館の横(敷地内から直ぐ入れます)にCITSがあります。新空調軟座特快臥で139元。日本の旅行会社に数社に見積もってもらいましたが、 最も安い所でも料金7000円+手数料6000円で、かなり割高でしたので、 直接CITSに電話で確認した方が良いと思います。 雲崗寶館横のCITSには日本語を話せる人はいませんでしたが、 英語がぺらぺらな女性が1人いました。

TOP